川崎市高津区の整体・整骨・接骨院 二子新地駅すぐ 腰痛治療・交通事故治療なら【ひまわり接骨院】へ

お電話はこちら ☎044-299-9707

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症について

 
 
脊柱管狭窄症とは、背骨の中を貫く筒状の空間が狭まった状態をいいます。
 
空間の中に脊髄などの神経が通っています。
 
脊柱管が狭くなっているだけでは(画像上の変化)だけでは脊柱管狭窄症とはいいません。
坐骨神経痛や長い距離が歩けなくなる間歇性跛行などの症状を伴ってはじめて診断されます。
 
狭窄の存在だけでは治療対象になりません。あくまでも症状に対して行われます。
 
 
「症状による分類」

A腰から太ももまでの痛みならいわゆる腰痛(非特異的腰痛)に分類されます。


オレンジ色の部分に異常がみられます。
 
 
 
B膝から下の部分まで痛みやしびれがあるなら、神経根症状(坐骨神経痛)に分類されます。

オレンジ色の部分に異常がみられます。
 
 
 
C脚に力が入らない、失禁等がある場合は馬尾症候群といい緊急手術が必要です。


オレンジ色の部分に異常がみられます。
 
 
 
「症状分類AとB」への対策
早く良くしようとして選択した対策が間違っている人がいます。却って、治りを長引かせてしまっているのです。
現在、研究で科学的に効果が証明されている治療があります。正しい対策を選択しましょう。
 
当院では、科学的根拠に基づいた生活指導と治療を行っています。
 
症状でお悩みならお早めにご来院ください。
 
 
参考文献
高性能の画像診断の普及によって1990年代から脊柱管狭窄症が増加したが、100名の脊柱管狭窄症患者(平均年齢59歳)の臨床症状と画像所見(単純X線撮影・脊髄造影・CT)を比較した結果、両者間に関連性は見出せなかった。 http://1.usa.gov/RxEUW4
 
脊柱管狭窄症の画像所見は臨床症状と関連性のないことが明らかとなったわけですが、興味深いのは、両側性の症状を訴えたのは42%に過ぎないのに、画像所見では患者の89%が両側性の狭窄変化が認められた点です。
 

フリーメディカルイラスト図鑑の画像を使用

【ご案内】

受付時間 日・祝
午前 9:00~13:00 お休み
午後15:00~19:00  ◯ 予約整体 お休み
土曜の午後は完全予約制の整体のみ(実費治療)になります。電話もしくは予約フォームからお申込みください

【住所・地図】

道順1


 
二子新地駅東口を出て、交番を正面にみて左に進みます。
 

道順2


 
そのまま商店街を進み、一つ目の信号を左折し、大山街道を溝口方面に進みます。
 

道順3


 
大山街道を進むと、途中右手に二子神社の鳥居があります。
そのまま、進みます。
 

道順4


 
道の右手に「ひまわり接骨院」があります。
隣は「クリーニング店」と「まいばすけっと」です。
 

自転車・バイクでお越しの方へ:店舗前のスペースをご利用ください。
車でお越しに方へ:駐車場がございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。
電車でお越しの方へ:田園都市線・大井町線 二子新地駅から徒歩3分

お知らせ

NEW
 
平成29年4月のお休み
 
平常通りになります。
4月29日(土・祝)は祝日の為お休みです。
 
 
 
平成29年3月のお休み

平常通りになります。
3月20日(月・祝)は祝日の為お休みです。

腰痛ブログ

当院について
適応症状
inserted by FC2 system